外科医として35年の経験と、手術・がん研究の実績を開業後も第一線の診療に役立て、日々全力を尽くしております。


患者さんの症状を、丁寧に聞かせていただき、その上で最適な検査ならびに治療方針を、十分に説明します。

治療はできるだけ苦痛や日常生活に支障のない方法患者さんと相談し、納得のうえで行っています。


特に当院では痔をはじめとした肛門領域の疾患の専門病院として、切らずに治す痔の治療を目標としております。

患者さんのQOLを考慮した新しい硬化療法や日帰り手術を、数多く手掛けています。


おしりの病気でお悩みの皆さん、ぜひご相談ください。